Welcome to my blog

    かっちゃん(KATH-TOR)のモノローグ

    KATH-TOR's ONLINE

    03
    2010  12:02:48

    CrossFireXを有効化する

    自作パソコンとかマルチGPUとか話が分かる人向けの情報。

    PRIUS ONLINEでRADEON HDシリーズのマルチGPU技術”CrossFireX”を有効にして、ゲームを軽くする話です。

    通常、PRIUS ONLINEでCrossFireXを有効化させると、ティアリング(画面のちらつき)が出て、まともにゲーム出来ません。
    症状から、GPU間の同期が取れていないことが想像できます。

    今回の情報は、これを解消する方法です。


    以下、ここまでの話が理解出来た人だけ見てください。


    CrossFireXだけでなく、RADEONシリーズのドライバ”Catalyst”は、かなり設定範囲を絞っています。
    Catalyst Control Center(CCC)で設定できるのは、ごく簡単なパラメータだけです。
    が、ちゃんとそれ以外の設定は存在しています。


    今回、CCCでは設定できない部分を、”RadeonPro”というツールを利用して設定します。

    RadeonPro(Radeon Profile tool)
    http://www.radeonpro.info/

    まず、CCCにてCrossFireXを有効化したあと、RadeonProを起動します。

    (1)赤丸の”Global”タブをクリックしてアクティブにします。

    RadeonPro1

    本来は、ゲームごとにProfileを作成すべきなんですが、nProtectの関係か、特殊なランチャープログラムのせいか、Profileでうまく動作しません。
    Globalでデフォルトのパラメータを上書きして利用します。
    (他ゲームの場合は、デフォルトパラメータに戻す必要があります。)


    (2)CrossFireXのパラメータを設定する

    RadeonPro2

    Tweaksタブを開き、
    ・”Triple-buffering”にチェックを入れます。(これはCrossFireXでなくても効果あります)
    ・”CrossFireX Tweaks”のスライドバーを左に動かし、”Scissor”となるようにします。

    これで、PRIUS ONLINEでCrossFireXが効いて、パフォーマンスが上がるはずです。



    以下、ちょっとだけ解説。

    今回設定したTriple-bufferingは、CCCで設定するOpenGL用トリプルバッファと違い、DirectXのトリプルバッファ設定です。
    NVIDIAのGeForce用ドライバでは、普通にドライバで設定できる項目なんですが、なぜCCCで設定できないのか…

    PRIUS ONLINEでCrossFireXを有効化するとでるティアリングは、このトリプルバッファ有効化で解消されます。

    ただし、単にCrossFireXを有効化するだけだと、CrossFireXアルゴリズムはデフォルトのAFR(Alternate Frame Rendering)になります。
    試したところ、どうもPRIUS ONLINEでは、AFRは不向きなようで、時々極端にフレームレートが落ちます。
    垂直同期関係を色々変えてみたものの、ほとんど60fpsあたりで頭打ちするようで、ゲーム内でフレームレート制御が入ってるようです。

    垂直同期方法をRadeonProで Sync Control = Force On(double VSync)とすると、100fps超える事があったのですが、おそらくモニタと同期するタイミングで、かえって引っかかりが増えていました。

    そこで、CrossFireXアルゴリズムをScissorとしました。
    これは、AFRが交互フレーム描画でGPU分担させるところを、1画面を左右に分割し、それぞれをGPUに分担させるものです。
    こちらの設定にすると、安定してパフォーマンスが出ていました。

    もう一つ、アルゴリズムにSuper Tilingというのがあって、これは、1画面を小さい正方形に分割して、その正方形を交互にGPUに分担する方法です。
    こちらの場合は、どちらかというとアンチエイリアスかけるときのパフォーマンス向上に向いていそうな感じでした。


    以上、軽く紹介しました。
    興味ある方は試してみてください。
    スポンサーサイト

     その他 PC・ゲームパッド関連

    にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターへ ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ

    公式サポーターズリンク参加中

    4 Comments

    Nyam  

    今の環境でCrossFireやろうとすると電源1000Wとか必要になりそうなのでやれません^^;;;;;;
    (電源+VGAで7万とか飛んでいきそうですね(汗))
    3面にするとIEの画面がちらつくのでツール使っていろいろ試してみます^^

    2010/10/05 (Tue) 01:05 | EDIT | REPLY |   

    かっちゃん(KATH-TOR)  

    Re: タイトルなし

    >Nyamさん

    このネタに食いつきそうなの、Nyamさんくらいだろうと思ってましたw

    > 3面にするとIEの画面がちらつくのでツール使っていろいろ試してみます^^

    Windows7なら、マイクロソフトのHotFixも出てますけど、関係あるかなぁ…
    http://bit.ly/ctXpvL


    4850のCrossFireXのせいで、PCの廃熱すごいです。
    暖房代わりになるかもw

    2010/10/05 (Tue) 09:58 | EDIT | REPLY |   

    Nyam  

    >このネタに食いつきそうなの、Nyamさんくらいだろうと思ってましたw

    私もそう思ってました^^;

    HotFixの情報ありがとうございます。
    当ててみたので週末にでも3面にして確かめてみます^^

    2010/10/06 (Wed) 01:46 | EDIT | REPLY |   

    かっちゃん(KATH-TOR)  

    Re: タイトルなし

    >Nyamさん

    たしか、どこかでWindows7とマルチモニタの問題(クロックが下がるとか?)があったような気がして、試しに検索かけてみて見つけたんですが、直るといいんですが…


    その後、色々RadeonPro触ってて

    ・Catalyst A.Iを”High”にする
    ・Sync Control = Force On(double VSync)

    としている状態で

    ・CrossFireXアルゴリズム=AFR

    にて、最大FPSが出ることが分かりました。
    が、プリウス自体のティアリングが目立って、目が疲れました。


    結局、今は
    ・Catalyst A.Iを”High”にする
    ・Sync Control = Force On(double VSync)
    ・CrossFireXアルゴリズム = Scissor
    としています。

    2010/10/06 (Wed) 23:59 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment