Welcome to my blog

    かっちゃん(KATH-TOR)のモノローグ

    KATH-TOR's ONLINE

    03
    2012  19:45:34

    PSO2のために揃えたPC環境

    先日の記事の予想通り、正式サービスの日程が発表されました…
    と思ったら、まさかの7月4日正式サービス開始。ちょっとびっくり。
    でも、サブキャラ作りたかったし、これは嬉しいサプライズでした。

    本日は正式サービス前ということか、オープンβも終了してゲームが出来ませんね。
    せっかくなので、先日頑張って構築したPC環境について紹介してみようかと。

    まずは、PSO2アルファテスト2時点でのPC環境を。
    この環境はプリウスオンラインを快適にプレイしていた構成です。

    旧PC構成
    パーツ自分奥さん
    CPUAMD Phenom II 955BEIntel Core i3 2130
    マザーボードJetway HA07-UltraASRock Z68 extreme3
    メモリーDDR2-800 4GBDDR3-1333 8GB
    ビデオカードSapphire RADEON HD6850 2GB玄人志向 RADEON HD5850 1GB
    ディスクドライブIntel SSD X-25M 80GB
    Hitach HDD 120GB & 250GB
    Crucial SSD m4 128GB


    SSDにOSとゲームをインストールしていました。
    HDDはゲームプレイ動画の録画・編集用です。
    この環境でも、PSO2アルファテスト2は十分に動いていました。
    PSO2側の設定で、グラフィック5、影品質3という感じでした。

    それでも、奥さんが常に気になることを言っていました。

    「いつもエリア転送すると、転送が遅くて一番最後になっちゃう」

    ディスクパフォーマンスは奥さん環境の方が高いことは、ベンチマークを取ってみても明らかだったので、原因はCPUじゃないか?ということに。

    それ以来、Core i7じゃないとダメだ!ってな事を言うもので…
    奥さんのを買うなら自分のも欲しいじゃない!

    ってことで、オープンβ当日に両方の環境を強化。
    といっても、奥さん環境はCPU交換のみですが。

    新PC構成
    パーツ自分奥さん
    CPUAMD FX 8150Intel Corei7 2600K
    マザーボードASRock 990FX extreme4ASRock Z68 extreme3
    メモリーDDR3-2000 8GBDDR3-1333 8GB
    ビデオカードSapphire RADEON HD7870 2GB OC verSapphire RADEON HD6850 2GB
    ディスクドライブIntel SSD X-25M 80GB
    Hitach HDD 120GB & 250GB
    Crucial SSD m4 128GB


    奥さんのCPU買うのを口実に、自分のPCはディスクドライブ以外総入れ替えというw
    これだけでなく、CPUクーラーをサーマルテイク製水冷キット BIG WATER 760 Plusというやつに。
    昔、AquaGate mini R120って簡易水冷は使っていたことがあるものの、チューブつないで自分でクーラント液注入するような本格的なのは初めてでした。
    中の写真はこんな感じです。

    もはやPSO2と関係ないところまで手を出して環境構築。パーツのセレクトもほぼ趣味色が強いものになりました。

    水冷キットの取り回しや、CPUのチューニングに無駄に苦労しました。
    PSO2のゲームプレイ中、なんどもフリーズしてはCPUセッティング変えてINして…

    結局安定的な環境に落ち着いたのは、先週末という状況でした。
    ヘタに省電力と性能を両立した状況を作り出そうとしたのがバカでした。
    無駄に回り道したものの、結局はデフォルト設定に落ち着いたという…orz

    AMD FX8150のほうは、結構クロック上げ下げに耐えてくれるものの、マザーボードのほうが、Core Frequency弄ると根を上げてしまう感じに。(OCCTのテストでエラーやフリーズ)
    おそらく、水冷にしたことによって、チップセットのヒートシンクに風が当たらなくて、チップセットがオーバーヒートしやすくなってたのでしょう。
    これは、付属のチップセットクーラーと、手持ちの12cmファンを使ってチップヒートシンクを冷却して対応しました。
    でも、マザーボードはASUSかMSIあたりのにしておけば、もうちょっと遊べたかなぁ、と若干後悔。


    こんな感じで強化したPCで、ようやくPSO2ゲームプレイで、他のPTメンバーから転送直後置いて行かれることなく同時に転送完了出来るようになりました。
    PSO2は、ちゃんとマルチスレッドで性能が出るようになっている証拠ですね。


    さて、あとはPSO2正式サービス開始を待つだけです。
    新しい環境でブログを書きつつ、明日からの楽しい世界に思いを馳せています。
    スポンサーサイト

     PSO2 PC環境等

    にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターへ

    公式サポーターズリンク参加中

    2 Comments

    (´・ω・`)単発ちゃん  

    AMD FX 8150 Intel Corei7 2600K
    8コアとi7かーどっちもすごく速そうw
    チラシの裏 こんなスペックでも Phenom X4 9550(2.2GHz)+マザーASUS+GeforeceGTX460+2G*3+500GBでPSO2設定5で遊べちゃいますね・・・・
    エリア転送はCPUに関係していたのかメモメモw知らなかったー
    FXはOC耐性はよく知らないけどAMD系 Phenomとかクロック10%程度あがればいいかなって思ったりしますねw

    2012/07/07 (Sat) 20:32 | EDIT | REPLY |   

    かっちゃん(KATH-TOR)  

    いらっしゃいませ。コメントありがとうございます!

    少なくとも、通常使いでは全く体感できませんけどねー < 速さ
    でも、いつもPC強化しても変化が全くわからない奥さんでも、PSO2でCore i3からi7に変えたときのエリア転送速度の速さに感動してました。
    案外、エリアデータのテクスチャあたりが強度の圧縮ファイルになってて、展開スピードがスレッド数によって高速化するような作りなのかもしれませんね。

    一方、うちのAMD環境ですけど…
    少なくともPSO2においては、Phenom II X4 955BEから全く変化を体感できません…
    それで、水冷クーラー使ってるのもあって、なんとか体感早くしたくて色々オーバークロックやらキチキチ設定試してたら、ゲーム中にフリーズしてたり…
    一見普通に動いてるようなのに、ボス戦とかクリア直前とかの肝心なときにフリーズしちゃって、( ゚д゚)ポカーン てなことが数日続いております。
    動いてるときでも体感に違いなかったので、一定レベル超えてれば、あまりクロック数はあげても意味なさそうです。

    PSOは、DirectX9を採用したこともあってか、バランスいい構成であれば快適に遊べますね-。
    初代Phenomであっても、やっぱり4コアってのは効いてるんだと思います。

    あとは、シップの収容人員数の拡大 & キャラ制限解除が実施されるといいんですけどね。
    今後の運営サイドのがんばりに期待です。

    2012/07/08 (Sun) 14:03 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment