Welcome to my blog

    かっちゃん(KATH-TOR)のモノローグ

    KATH-TOR's ONLINE

    17
    2016  23:40:57

    ReShadeによるアンチエイリアス

    今日は独り言じゃないので、いつもと文体違います。
    あ、記事のサムネイル画像はReShadeじゃないPSO2標準の画像なので注意。

    ReShadeってのは、昔はSweetFXとか言われてたやつの後継っぽいツール?です。
    うちのブログの画像では、このReShade使って画質のカスタマイズしたものをアップしてます。

    今回はReShadeによるアンチエイリアスについて紹介します。
    画質比較のため、元画像から一部を切り出して、縦横2倍に拡大してみました。

    まずはPSO2標準のアンチエイリアスかけた画像。
    pso20161117_220535_000

    耳のあたりと、肩当の光ってる部分でジャギーが出てます。
    光ってる部分はブルーム効果でてるところなので、そういう特殊効果かかってるところが苦手なのかもしれないです。

    PSO2標準のアンチエイリアスって、輪郭のジャギー消すっていうよりも、なんだか画面全体を「ぼや~」ってさせてるように感じます。
    あとこの画像ではわかりにくいけど、物体の凹凸(バンプマッピング)までも「ぼや~」ってさせちゃうので、凹凸もマイルドになってるように思います。
    この画像だと、マフラーの布地の質感とか、肌の凹凸もだいぶマイルドになってるような気がしますが、どうでしょう?
    これは現実で考えたらアンチエイリアスもといアンチエイジングで、むしろ良い点なのか?w


    次はReShadeのアンチエイリアス(SMAA)
    PSO2標準のアンチエイリアスはオフにしてます。
    pso2 2016-11-17 22-07-08
    PSO2の画質設定のアンチエイリアスより綺麗にジャギー減らせてます。

    ReShadeのSMAAは、設定次第ではあるけど、うまくエッジ検出してジャギー低減できてると思います。
    マフラーの布地の凹凸もしっかり出てるので、衣装なんかの生地の質感がよく感じられます。
    (この画像じゃわからないかもしれませんが・・・)


    さて、ついでなので、GeForce使いの間で超有名な、lavendyさんのところで公開されてる、NVIDIA Profile Inspectorによるアンチエイリアスも見てみましょう。
    使用するプロファイルは、Windowモード用のExtremeです。
    PSO2クライアントの再起動が必要なので、アングルとかが同じでないですが。
    pso20161117_222451_000
    めっちゃくちゃ綺麗!!!
    文句なしですね。
    ただ、うちの環境(Core i7 4790K + GeforceGTX980)でも超重くてゲームする気にならないです。

    ReShadeでは、アンチエイリアス以外にも、被写界深度、ブルーム、アンビエントオクルージョンもかけてますが、その状態で普通にクエストとか遊べてます。

    SS撮るときに、キャラの背景に被写界深度の効果かかって写真っぽいSS撮れたりするので楽しいです。

    ただ、スクリーンショットが実行ファイルのフォルダに直に作成されたりと難点もあったりします。
    また、クライアント以外の仕組みを併用してる関係で、ちょっとオンラインゲーム的にグレーゾーンという懸念点があります。
    個人的には、ゲーム性に影響するようなものではないので、問題ないんじゃないかなー、と思いながら遊んでいます。

    まぁ、自己責任ということで。
    スポンサーサイト

     PSO2 ReShade

    にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターへ

    公式サポーターズリンク参加中

    0 Comments

    Leave a comment